HOME > スポンサー広告 > title - 悪天候時やナイターに使うレンズの選び方HOME > 未分類 > title - 悪天候時やナイターに使うレンズの選び方






スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

悪天候時やナイターに使うレンズの選び方

ゴーグルというのは様々な種類がアリ
それを天候によって使い分けるというのが基本です。

日常生活で使用しているサングラスというのは
日光による眩しさを軽減する事だけが目的ですが
スキーやスノーボードで使用するゴーグルは
日差しから目を守るだけが目的ではありません。

つまり
曇って太陽が出ていない時でも
ナイターや室内などで遊ぶ場面でも
ゴーグルというのは必要な道具となるのです。

例えば滑走時に雪が目に入って視界が悪い
こういった条件でもゴーグルをしておく事が必要となります。

ナイター滑走時でライトが乱反射する
という時だってゴーグルでカバーする事ができます。

そして何よりも大切なのは
転倒時に目を守ってくれるプロテクター
というスノーゴーグルの必要性です。



こういった考え方からも
ナイターだろうとガスっている時だろうと
スキーやスノーボードをたのしむのであれば
それなりのゴーグルが必要である事は解ると思います。

さてそこでどんなゴーグルがよいかというと

可視光線透過率100%のクリアゴーグルか
可視光線透過率90%のイエローレンズが良いでしょう。

こういった可視光線透過率の高いゴーグルレンズというのは
大雪やガスで覆われてるとき、またナイター滑走時に使用するレンズとして
多くのスキーヤーやスノーボーダーが使用しているレンズカラーです

裸眼に近い見え方をするレンズを使用する事が
ナイターなどの場面では必要になってくる性能です。

大半の人がクリアーレンズを使用していますが
人によってはイエローやピンクのレンズを好む人も居ます。

雪面というのは光の乱反射によって
凹凸が見えにくくなるという傾向があります
それは日光でも、ナイター照明でも同じです。

しかしレンズにイエローやピンク等の色を付ける事で
ゲレンデの凹凸を確認し易くなるという事で
好んで使用する人も居ます。
スポンサーサイト

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://gglesnw.blog.fc2.com/tb.php/3-8f422d14







上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。